SATURDAYS

​Belize , Toledo District

OUR STORY. / 私たちの物語

〇SATURDAYS外サイン.jpg

WHAT IS SATURDAYS. / サタデイズとは。

 SATURDAYSは2015年札幌生まれ。チョコレートをカカオの生豆から作る Bean To Bar Chocolateの専門店です。カカオ豆の個性を活かし高めるため、一つひとつ異なるレシピでチョコレートを仕上げています。ほとんどの工程を手で仕上げるため、製造できる数は限られますが様々な種類のチョコレート作りにチャレンジしています。

 カカオ豆選びは出来る限り現地に足を運びます。品質は勿論、適正価格以上で取引され児童労働や貧困につながっていないかを確認。地域貢献している信頼できるパートナーからカカオ豆を仕入れています。

 店舗に併設のカフェでは、通年通してチョコレートを楽しんでもらえるように、オリジナルのチョコレートを使った焼き菓子やスイーツのほか、チョコレートドリンクやハスクを使ったカカオティーの他、ソフトクリーム、チョコレートシェイクなどを提供しています。

 北海道ブランドとして地産地消に力を入れており、北海道産のミルクや砂糖はもちろん、十勝(音更)産の大豆や北見のミントを使ったチョコレートなどを作ったり、札幌市内のパティスリーやホテルのカフェのスイーツ用にチョコレートを卸したり、北海道の農家や企業とのコラボレーションにも力を入れています。

 

 

SATIRDAYSとは.jpg

What is OUR Bean to bar chocolate ?私たちの ビーントゥバーチョコレート。

 

SMALL BATCH

カカオ豆の特徴を活かして作るBean To Bar Chocolate は、カカオ豆の種類だけチョコレートの種類があり、製法を変えたものをかけ合わせれば何種類にもなります。それぞれ異なる製造方法になるため“スモールバッチ(小規模、ハンドメイド)”となるのが特徴です。たとえば、不良豆や不純物などは手作業で丁寧にピッキング。カカオ豆の特徴に合わせて焙煎の温度や時間、スチームの入り切りを調節したり、カカオを砕く時間や滑らかにする時間を変えたり、合わせる砂糖や素材の種類を変えたりなどしています。

(一般的な製品で加えられる添加物(乳化剤・香料)などは一切使用していません。)

BTB.jpg

SINGLE ORIGIN

カカオ豆本来のフレーバーやテイストを活しブレンドせずに“シングルオリジン”(同一地域の豆)で作るのがBean To Bar の基本です。カカオ豆は大きく分けて3種類の品種が有りと特徴が異なるほか、収穫地の気温や気候などの環境・発酵の方法などによって味や風味がそれぞれ異なります。その異なる個性を発見すること、また、ワインのマリアージュ同様、ドリンクなどとペアリングするなどしてその広がりを楽しむことがシングル・オリジンで作るチョコレートの楽しみ方です。

カカオポットHP.jpg

 

HAPPY CHOCOLATE

チョコレートはヨーロッパの王侯貴族に愛され発展してきたように華やかなで高貴な印象があります。しかし、残念ながら原材料カカオの産地は過去に植民地だった背景が今も残ってたり、現在も発展途上の国だったりと貧困に苦しむ国が多いのです。

 

私たちはカカオ豆を選ぶときには可能な限り現地に行き品質などを確認をするようにしてます。カカオ産地に行ったりチョコレートの歴史を学んだりすることで、チョコレートを作るだけではなくカカオ産地の農家やその家族、周りの環境の事を考えるようになりました。

 

「みんながハッピーになれるチョコレート作りを目指して。」

 

私たちがBean To Bar を作るもう一つのモチベーションです。

インドネシア子供たち.jpg

 

OUR PARTNER. / 私たちのパートナー 

私たちは最良のカカオを選ぶために出来るだけ産地には足を運びます。現地ではカカオの品種や栽培方法・発酵の技術などを確認しますが、サプライヤーが現地でカカオを適正な価格で取引をしているか、貧困問題や自然環境の改善に貢献するなど現地に根ざしているかどうかも大切な基準です。1つのカカオをファッションのように消費して次の産地のカカオに変えたり、品質だけで選んだりすことはしません。

私たちは出来るだけ産地で社会貢献しているソーシャル・カンパニーからカカオ豆を仕入れ、使い続ける事で彼らと共に成長し、彼らの活動を応援していきます。

UGANDA / Farm of Africa
 

ファーム ・ オプ・アフリカは、 ウガンダにて2016年に日本人による初のカカオとバニラの栽培 ・ 加工を担う企業として設立。私たちは農薬を使わない ・ 成熟したものを収穫するなど品質の良いカカオを提供してもらう代わりに、 農家 さんたちから適正な価格で買い取り、 発酵・ 乾煤をしっかり管理することでクオリティの高いカカオ豆になるように仕上げる。そんな双方ウィンウィンの関係を築いている。
 

Farm of Africa  - https://farm-of-africa.com/

Farm of Africa 加工スタッフ (2).jpg

INDONESIA / Dari K
 

ダリケーは京都のビーントゥバー・チョコレートの先駆者ブランド。インドネシア・スラウェシ島に現地法人を立ち上げ、契約カカオ農家へ質の良い豆の作り方を教え、それが出来たら買い取るという仕組みを作る仕組みを作り、「生産者がかわいそうだからと消費者が与えるフェアトレード」ではなく、「生産者自らが努力によって勝ち取るフェアトレード」を目指している。

Dari K -  https://www.dari-k.com/

インドネシア農家.jpg

GHANA / ACE

認定NPO法人ACEは、ガーナのカカオ生産地で、労働にさらされている子どもたちを守り、教育を支援する「スマイル・ガーナ プロジェクト」を2009年2月から行っている。子どもがしっかりと学校に通うようになることで児童労働を予防し、カカオ農家が継続して子どもの教育に投資ができるよう、カカオ農園の経営を改善し、農家の収入向上を目指している。

ACE - https://acejapan.org/

ガーナ小学校(子供たち).jpg

SUSTINABILITY:活動を継続するために。

 

話題性や流行に左右されやすいスイーツの世界。しかし、私たちはBean To Barを一時の流行で終わらせられない責任が有ります。

BTBをサスティナブルに成長させるためには「カカオ農家」「 チョコレート製造・販売(SATURDAYS)」「 消費者」それぞれの関係性が大切だと考えています。

 

「カカオ農家」は、カカオの栽培・発酵などの技術を高め品質の高いカカオを提供する。

「 チョコレート製造・販売者(SATURDAYS)」は、地域貢献しているカカオを選び、付加価値を高めるような製品を作る。

「 消費者」は味や品質・価格はもちろんですが、製品のストーリーを確認して選ぶ。

 

「 カカオ農家 ⇔ BTB製造・販売(SATURDAYS) ⇔ 消費者」

消費者は新しい物好きです。そんな中でこの関係性を保ちながら、同じ産地のカカオ豆を使い続けるためにはチョコレート作り手である私たちの能力が試されます。1つのカカオでレシピを見直して違うチョコレートを作ったり、焼き菓子やチョコレートドリンクなど、その他のジャンルで使うことでカカオ豆の新しい価値を見つけることにチャレンジしています。

 

[サタデイズが同じ産地のカカオを使い続けるために行っているの工夫]

 

①ファン・リピーターを増やし維持すため、常に新鮮でおいしいチョコレートを作る。

②Small Batch の強みを活かし、1つつのカカオで幾つものチョコレートを展開をすること。

③1年を通してカカオを使えるよう、ドリンクやアイスクリームなどチョコレートの枠を超えた展開をすること。

④継続することで低下する製品の付加価値を製品をリ・デザインし常にフレッシュな状態に置き続けること。

 

 

Bean to bar chocolate makes everyone happy.

みんながハッピーになれるチョコレートを目指して!

Ghana& Uganda with SATURDAYS.jpg